この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

何を採取すればいいのか

検査するために必要なもの

遺伝子検査と聞くと、難しい検査のように感じますよね。
ですが、実は簡単に検査をすることができます。
用意するものは、遺伝子が含まれるものだけです。
それは血液や唾液、鼻水が該当します。
血液を採取するのは、少し怖いと感じる人が見られます。
また子供の遺伝子検査をする際は、子供が採決を怖がるかもしれません。

なかなか採血できないと、時間が無駄に過ぎていきます。
唾液や鼻水の方が簡単に採取できるので、無理に血液を採取しようと思わないでください。
検査キットを使えば、自宅で簡単に採取できます。
説明書が付属しているので、血液や唾液の必要な量を把握してください。
足りないと、検査機関に送っても結果がわからないと言われてしまいます。

時間が掛かる検査

血液などを採取するのは簡単で、後は検査機関に送ればいいだけです。
しかし時間が掛かることを忘れないでください。
早くても、2週間は掛かります。
1か月近い時間が必要になるかもしれないので、焦らないでください。
また唾液や鼻水より、血液の方が正しい結果が出やすいと言われています。
今回唾液を送った人は、結果がわからなかったという答えが返って来る可能性があります。

その場合は、今度は血液を採取して再び検査してもらってください。
また長い時間が掛かってしまいますが、こちらができることは何もないので待っていましょう。
催促の連絡をしても、相手の迷惑になるだけです。
邪魔するとさらに作業を送らせるので、絶対にしないでください。