この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

医師から説明を受けよう

検査の結果を聞きに行こう

結果が出たら、医師が教えてくれます。
アドバイスを聞くために、病院を訪れてください。
発症しやすい病気があっても、予防できるかもしれません。
特に病気は、生活習慣が大きく関わっています。
不摂生な生活を続けていると、すぐ病気になるでしょう。
疲れが蓄積されている時に、免疫力が低下します。
病気を発症しやすくなるので、疲れが身体に溜まらないよう努力しましょう。

医師にアドバイスを聞くと、身体を定期的に休めるよう言われると思います。
疲れているのに無理して動くと、さらに疲れが蓄積されます。
どんな病気でも、免疫力が低下している時に発症するのは同じです。
他の人に比べて、発症する確率の高い人は休むことを意識してください。

偏った食生活はダメ

遺伝子を調べて病気になる確率が高いことがわかったら、食生活に気をつけてください。
食生活が偏っていると、すぐに病気になってしまいます。
制限しすぎるのは身体にストレスを与えるのでおすすめできませんが、好きなものばかり食べる生活を控えてください。
病気のリスクを知って、どんな予防をすればいいのか考えましょう。

食べすぎが原因の肥満は、ほとんどの病気を引き起こすきっかけになります。
バランスのいい植字を心がけていれば、病気を予防できるでしょう。
リスクが高いから、必ず病気になると諦めないでください。
若い頃から予防する意識が重要です。
高齢になってから慌てて予防しても、間に合わず病気になってしまうケースが多いです。